仮想通貨の魅力【ビットコイン/イーサリアム/リップル】

仮想通貨を軸に稼ぎましょう。仮想通貨の世界を知らない方にとっては、信じがたいような儲かる案件が本当にたくさんあります!今私が実践している短期的に稼ぐ案件は、winnex+等です。そして長期的な投資案件では単純に両替して持っておくだけのビットコイン、イーサリアム、ノアコイン、エイダコイン、リップル、ネムそしてビットクラブネットワークでビットコインを掘り出すための投資をしています。初めてこの世界に入ってこられる方には基礎的な部分から無料でお教えします。いっしょに経済的豊かさを手に入れましょう!

2018年04月

Tetsuroです。

今朝の日経新聞ですが、ブロックチェーン技術を活用したスマホが10月に導入されるようです。イスラエルの会社ですが、日本含む5か国を先行して導入を検討しているようです。先日のブログでマーケティングのキャズム理論で触れたアーリーアダプターが多いということで日本が選定されています。

日本人の仮想通貨保有者率が5%と突出して多い点が日本人が新技術を試そうとするアーリーアダプターだと錯覚させているのでしょう。実際は保守的で変化を受け入れない人が多いのが日本で、メディアや噂の情報に流されやすい人間が多いのが日本ですが。裏を返せば、日本は情報の流し方次第で一気にサービスが広がる可能性が高い、おいしい市場なのでしょう。最新技術を広めるには最適な実験対象なのかもしれません。


【☟ネットビジネスのこと細かいノウハウが無料でもらえます。】
http://satisfyaff.com/ad/8669/907101
※稼ぎの柱を増やしたい方はぜひ無料ノウハウを受け取ってみて下さい。

5188


e92a88aa

ネム【今こそ買い時!このチャンスを逃すな!】
 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


Share on Tumblr

Tetsuroです。

ノアコイン上場のニュースです。既にたくさん情報流れていますが、念のため投稿します。イギリスにある世界最大手の両替所で200万人以上のユーザーを持つChangelly(チェンジリー)にて、ノアコインが取り扱われることになりました。5月度には大型取引所への上場が発表されるようですので、価値は多少上がると思います。

しかし、取引所への上場も重要ですが、それと同時に、実際に使える環境を用意しないと単なるマネーゲームになってしまいます。ウォレットや決済に使える店の登録等の準備のピッチをもう少し速めてもらいたいものです。

取引所への上場だけ聞いても、私からしたら大したインパクトはないし、ああそうですかといった感じです。買う機会を提供できても、買う魅力がなければ誰も買いませんから、実需の点をもっと頑張って進めてほしいものです。

《以下事務局からの案内》
ノアプロジェクトサポート事務局です。とても嬉しいニュースをお届けします。

イギリスにある世界最大手の両替所で200万人以上のユーザーを持つChangelly(チェンジリー)にて、ノアコインが取り扱われることになりました。ChangellyはBittrex, Binance, Polonix, HitBTCとパートナーシップを結んでいて、「仮想通貨同士をおトクなレートで交換できるサービス」を提供している両替所です。このChangellyに、2018年4月27日未明にノアコインが登録されました。また、さらに他の取引所への上場のニュースも5月中にお届けできそうですので、楽しみにお待ちください。


【☟ネットビジネスのこと細かいノウハウが無料でもらえます。】
http://satisfyaff.com/ad/8669/907101
※稼ぎの柱を増やしたい方はぜひ無料ノウハウを受け取ってみて下さい。

ネム【今こそ買い時!このチャンスを逃すな!】
 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


Share on Tumblr

Tetsuroです。

通貨みなし業者全社にメスというタイルで今朝の日経新聞に記事が載っています。

以下重要な部分だけ記事抜粋しますが、コインチェック事件以降に取引所の審査基準が高まったことで、その基準を簡単に満たせない状況のようです。また、資本金のハードルを上げて資金力がない業者を参入段階でブロックする議論も出ているようです。

いずれにしても、我々ユーザとしては取引所に不安を感じながら取引はしたくないですよね。また、『この取引所大丈夫?』といった不安が出るようでは、仮想通貨の爆発的な価値上昇に必要なアーリーマジョリティ(比較的慎重な人たち)の参入が進みませんから、早急に新基準を確立させ、安心な取引所のみに整備してほしいものです。100社程度が仮想通貨交換業への新規参入の意向を示しているそうですから、どんどん安心な取引所が増えることを期待しします。

《以下、記事の抜粋》
撤退が相次いでいるのは、コインチェック事件以降、金融庁が「審査の目線をあげている」(幹部)ためだ。同庁の要求水準を満たすために各社は経営体制を強化するか、撤退するかの選択を迫られ、結果的に多くの業者が撤退を選んだ。・・・・略

金融庁によると、100社程度が仮想通貨交換業への新規参入の意向を示している。新規組が審査の行列待ちをしているのと対照的に、みなし業者が静かに退場している構図だ。

金融庁の有識者会議では、資本金1000万円以上などといった参入のハードルが低すぎるとの意見が出ている。

参入要件を緩くしたのは「イノベーション促進」の観点から。ルールを厳しくするのか、登録審査という「運用」の調節で業界の健全性を保つのか、金融庁も判断を迫られる。

【☟ネットビジネスのこと細かいノウハウが無料でもらえます。】
http://satisfyaff.com/ad/8669/907101
※稼ぎの柱を増やしたい方はぜひ無料ノウハウを受け取ってみて下さい。

5158


ネム【今こそ買い時!このチャンスを逃すな!】
 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


Share on Tumblr

Tetsuroです。

いよいよゴールデンウィークの始まりで、5月度を迎えます。
5月は仮想通貨全般に上昇する可能性が高いと各方面から言われています。

この1カ月でメジャーな通貨は2倍近くに上昇しましたが、今後は更に大きな上昇が期待できます。それが5月かは私にはわかりませんが、近い将来に更に上がることは確信しています。

この理由を少しマーケティングの観点からアプローチしてみます。マーケティング理論の中で、サービスや商品が市場でシェアを拡大する過程で簡単には超えられない『溝』があると言われています。これが市場の16%ラインでキャズムと呼ばれています。この溝は簡単に超えられないというのが『キャズム理論』です。逆に、その溝を超えた場合は爆発的にシェアが拡大するという考え方が『イノベーター理論』というものです。(下の図は、横軸が経過時間、縦軸が普及率です。)

現時点では日本人で5%、世界的に見ればもっと少ない割合しか仮想通貨を持っていないと言われています。この割合で考えると現時点の位置は下の曲線のイノベーターからアーリアダプターに入ったあたりで、最近仮想通貨投資を始めだした人たちは『流行に敏感で自ら情報収集する人たち』いわゆるアーリーアダプターの層です。アーリーアダプターの参入が一通り終わり、比較的慎重な層『アーリーマジョリティ』が参入しだすと、爆発的に市場は拡大します。

最近は自分の周囲でも比較的慎重な層が仮想通貨に興味を示し始めています。この16%ラインであるキャズムを近い将来超えると予測できるので、数年後の仮想通貨の価値は大きく飛躍すると期待できます。仮想通貨の利便性は間違いないので、あと価値上昇に必要なのはマーケットの拡大のみです。最近は世界中の大手企業が仮想通貨業界に参入してきていますが、これらが慎重な人たちの安心感を間違いなく醸成していきます。すなわち、キャズムを突き破る日が近い将来来ることが期待できます。

【☟ネットビジネスのこと細かいノウハウが無料でもらえます。】
http://satisfyaff.com/ad/8669/907101
※稼ぎの柱を増やしたい方はぜひ無料ノウハウを受け取ってみて下さい。


【横軸が経過時間、縦軸が普及率】
e92a88aa


ネム【今こそ買い時!このチャンスを逃すな!】
 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


Share on Tumblr

Tetsuroです。

2018年は幕開けから仮想通貨業界にとっては波乱の始まりでした。1月中旬のテザー疑惑に始まり、コインチェックのハッキング事件と1月だけで大きな下落要因となる出来事が連続して起こりました。結果的に仮想通貨の価格は大暴落し、年末から参入した方にとっては非常に厳しい状況となりました。

ところで、コインチェックのネムハッキング事件が如何に不可解な出来事かお気付きでしょうか?

ハッキングされたネムがネム財団によって色づけられ、その後の通貨の流れを追跡したことは記憶に残っておられると思います。しかし、最終的にどうなったか覚えていますか?

ハッキングされたネムの追跡を中断したという報道でしたよね?ここに皆さんは疑問を感じないでしょうか?

なぜ、追跡を中断したのか。540億円規模の大量のネムがハッキングされ、最終的に誰がその受け取りをしたのかまで追跡せずに途中で中断したことが不可解です。視点を変えると、中断せずに追跡し続けることで、何か不都合な事情があったとしか思えない。

私は最初からこうなるシナリオで仕組まれたハッキング事件だと考えています。目的はネム財団によるネム追跡技術の証明とコインチェックのセキュリティーの甘さへの警告だと考えられる。わざわざ、色付けしたネムの追跡を途中でやめる理由はないのです。

コインチェックのネムハッキング事件はたまたまではなく、最初からシナリオがある事件だったのではないか・・

【☟ネットビジネスのこと細かいノウハウが無料でもらえます。】
http://satisfyaff.com/ad/8669/907101
※稼ぎの柱を増やしたい方はぜひ無料ノウハウを受け取ってみて下さい。

ネム【今こそ買い時!このチャンスを逃すな!】
 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


Share on Tumblr

↑このページのトップヘ