暗号資産ニュース【暗号資産の最新情報ブログ】

2018年度もまもなく終わりですが、今年は仮想通貨業界にとっては非常に厳しい1年でした。そんな1年の終わりである2018年度末に仮想通貨の呼び名が暗号資産と改名され、仮想通貨業界にとっては第2ステージが始まりました。2019年度は暗号資産としてのイベントが非常に豊富です。暗号資産が金融商品にどんどん組み込まれていき、機関投資家の参入が進むと言われています。私は2016年から暗号資産に関わってきましたが、この暗号資産の未来は非常に明るいと考えています。2018年12月現在では相場は非常に低迷していますが、いつか明るい未来が来ると信じ情報発信を続けたいと思います。私にとっても暗号資産の情報発信《第2ステージ》の始まりです。

2018年度もまもなく終わりですが、今年は仮想通貨業界にとっては非常に厳しい1年でした。そんな1年の終わりである2018年度末に仮想通貨の呼び名が暗号資産と改名され、仮想通貨業界にとっては第2ステージが始まりました。2019年度は暗号資産としてのイベントが非常に豊富です。暗号資産が金融商品にどんどん組み込まれていき、機関投資家の参入が進むと言われています。私は2016年から暗号資産に関わってきましたが、この暗号資産の未来は非常に明るいと考えています。2018年12月現在では相場は非常に低迷していますが、いつか明るい未来が来ると信じ情報発信を続けたいと思います。私にとっても暗号資産の情報発信《第2ステージ》の始まりです。



先日新紙幣の発行が発表されましたが、一方でキャッシュレス決済の普及にも政府は舵を切っています。


現在日本におけるキャッシュレスの決済比率は約20%です、政府はこれを2025年には40%に高める目標掲げています。消費税が8%から10%に増税される10月には、キャッシュレス決済を条件にしてポイント還元を行うなど、キャッシュレス普及に向けた施策が今後たくさん出てくるでしょう。 また経済産業省は時期は明らかにしていないものの、将来的にはキャッシュレス比率を80%まで高める目標を掲げています。


今後間違いなくキャッシュレスが進んでいきますので、それに合わせ電子通貨・仮想通貨の需要は間違いなく増えます。 電子通貨は対面決済には有効だが、離れた場所間での決算に関しては圧倒的に仮想通貨が有効です。また、仮想通貨は、暗号資産と呼び名が変わりましたが、資産としての価値も非常に高いので、これまで銀行に預けていた現金を仮想通貨として保管するという利用方法も増えてくるでしょう。





最新ニュース配信ライン@
Share on Tumblr



国際送金代行のウエスタンユニオン(アメリカ)がフィリピンで仮想通貨取引所を運営するブロックチェーン企業Coins.phと提携した。これにより銀行口座を持たないフィリピン人も、スマホのウォレットで法定通貨の送金が可能になる。あくまでも仮想通貨による送金ではなく、法定通貨の送金における提携となっている。



月当たり10万フィリピンペソ(日本円で約22万円)の送金上限があるものの、フィリピン国外で働くフィリピン人にとって法定通貨のまま送金できる仕組みができたことは非常に大きな一歩となる。


一方で、海外で働くフィリピン人の母国への送金をコンセプトに立ち上げられたノアプロジェクト(ノアコイン)は非常に厳しい戦いに追い込まれることは必須だ。すでにリップルのネットワークが進出してることに加え、今回の Western UNION のサービスが始まることで、ノアコインの入る余地がどんどん狭まってきている。直近で仮想通貨の値段が大幅に上がってきているが、ノアコインの価格は未だに低迷している。


泉忠司氏が『全員が億万長者になれる』というキャッチフレーズでノアコインを日本中に広めたが、実績が全く伴っていないどころか、購入時の1/20以下の価格で低迷している。現時点においては大きな損失を被った被害者が多数出ていることは紛れもない事実である。



最新ニュース配信ライン@
Share on Tumblr



楽天がスマホアプリに仮想通貨の取引サービスを追加すると発表しました。仮想通貨の取引がより身近になり、さらに仮想通貨市場が活性化しそうな流れになってきた。いよいよ、仮想通貨にも春が来そうですね。

【日経新聞記事抜粋】

楽天は、スマートフォン(スマホ)アプリを使った仮想通貨の取引サービスを6月から始めると発表した。人工知能(AI)技術を使ったチャットボット(自動応答システム)を導入し、利用者の問い合わせに迅速に対応できるようにする。ネット通販やフリーマーケットアプリの「ラクマ」などで仮想通貨による決済需要の高まりにも備える。



最新ニュース配信ライン@
Share on Tumblr

↑このページのトップヘ